インド日産  (NMIPL) 「マイクラ」好調販売

インド日産  (NMIPL)は2011年2月1日、1月の販売が1,857台を記録したと発表した。内訳はコンパクトカー「マイクラ」(日本名マーチ)が1,784台、高級セダン「ティアナ」が21台、 SUV車「X-trail」が52台。いずれも12月の販売台数(マイクラ-1,057、ティアナ-14台、X-trail-31台)を上回っている。

マイクラは2010年5月23日チェンナイ郊外で生産を開始した。
以下日産のニュースリリースより
——————————————————————
新型「マイクラ」は、汎用性の高い新型Vプラットフォームをベースとしており、新興市場、成熟市場両方にアピールするデザインとした。車両設計および実験は日本で行われ、世界中のお客さまの様々な好みやニーズに合うよう、チューニングされる。また、同車は、85%の部品を現地サプライヤー(計96社)から調達しており、その半数がチェンナイを拠点としている。
——————————————————————–
価格はタイプXEでデリーで購入した場合 INR 405,500、日本円で735,558円(2011年2月現在)。

This entry was posted in インド, ニュース, 日本, 経済 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>